Meatbox ¥30,000 (税抜)

DOD Meatbox(ミートボックス)は、90年代に流行したベースシンセのサウンド・メイクに欠かせないエフェクターです。
ベース・サブハーモニクス・シンセサイザーとして、ベース・エンハンサーとして、DOD Meatboxは、微妙に厚みが増すサウンドからパワフルなローエンドまで作り出すことができます。
ベースにはもちろん、ギターに使用して低音域を強調するような使い方も有効です。
またシンセサイザーにも効果的です。
さらにドラムマシンに使用して、巨大なサウンドを作ることも可能です。
また、DOD Meatboxは、単に低音域をブーストさせるだけではなく、インタラクティブなEQとして周波数をカットする効果もあり、出力レベルによりディストーション効果を作りだすことも可能です。

  • コントロール,Octave、Output、Sub、Low、Footswitch
  • ジャック,Input、Output
  • 入力コネクター・タイプ,1/4"アンバランス
  • インプット・インピーダンス,500k Ohms エフェクトオン時
  • 出力コネクター・タイプ,1/4" TRS バランス Tip (ティップ)=Octave + Sub (オクターブ+サブ) / Ring (リング)=Dry (ドライ) / Sleeve (スリーブ)=Ground (グラウンド)
  • アウトプット・インピーダンス,100 Ohms エフェクトオン時
  • インプット・インピーダンス,トゥルーバイパス エフェクトオフ時
  • アウトプット・インピーダンス,トゥルーバイパス エフェクトオフ時
  • 電源,9V アルカリ電池またはPS0913DC パワーサプライ(別売)
  • 消費電流,20mA(9V標準)
  • サイズ,117(L)x73(W)x53(H)mm(ゴム足含まず)
  • 重量,281g(9Vバッテリー含まず)

Details/Meatbox

・90年代のベストセラーDODMeatboxを基本に、さらにグレードアップした回路
・ステレオTRS出力
・トゥルー・バイパス
・9V DCパワー・サプライ・ジャック
・コンパクトなデザイン
・軽量なアルミ筐体
・視認性に優れたブルーLED

meatbox_rear.jpg
●Rear View

meatbox_left_side.jpg
●Left Side View

meatbox_right_side.jpg
●Right Side View

meatbox_front_side.jpg
●Front View

注意!
DOD Meatboxは、その設定によって高出力の低音を発生させます。その結果、スピーカーやアンプに大きな負担がかかり、損傷を与える可能性があります。使い方には十分に注意してください。
DOD Meatboxを接続する前に必ずSUBとOCTAVEコントロールは左いっぱいに、OUTPUTとLOWコントロールは12時の位置にしてから接続し、その位置からアンプなどのクリッピング表示を確認しながら徐々にコントロールを上げてサウンド・メイクを行ってください。少しでもサウンドがクリップした場合は、それ以上コントロール上げないでください。
※DOD Meatboxの使用によりスピーカーに損傷が発生しても弊社は保証しません。

※表示の価格は、全て税抜価格です。