Made in CANADA

始めに「メイド・イン・カナダ」と言う言葉でこの文章をスタートさせるには深い意味があります。アート&ルシアーのギターの95%がカナダの良質な木材を使用しハンドメイドで仕上げています。このことは我々のアート&ルシアー製作者としての誇りです。

アート&ルシアーを製作しているのはカナダのケベック州にある「プリンスヴィル」という小さな町です。この土地は、アコースティック・ギターを製作するのに大変恵まれた環境が整っています。すべてのモデルに細心の注意を払い、トーンを生かし、確かな技術を持って作っています。

アート&ルシアーのギターの95%がカナダの良質な木材を使用して製作しています。森林資源が豊富なカナダでは、森林伐採や環境破壊に対する厳格な基準が法律で定められており、むやみに伐採することは出来ません。東部カナダの森林地帯で寿命を迎え、倒れた樹木のみ使用することが許されています。アート&ルシアーに使用しているトーンウッドはギターに適したトーンと優れた品質を持っています。サイド&バックに使用しているワイルド・チェリーはマホガニーのメローなトーンとメイプルの持つブライトなトーンの両方の良さを併せ持っています。このワイルド・チェリーは、ボディ内での音響を考慮して考え出された、独自の3レイヤー構造を採用しています。ネックに使用しているシルバーリーフ・メイプルは、上質のマホガニーが持つサウンドキャラクター、質量、密度に非常に近い木材です。すべてのモデルは、これらカナダ産の素晴らしい木材を使用しています。

すべてのモデルは、厳しい圧力テストに合格した単板セダーまたは単板スプルースのみトップに使用しています。トップが堅い木材であれば、最高のハーモニック・ヴァイブレーションを起こし、最高のトーンを生み出すことが出来るのです。

すべてのモデルの塗装はアルコールラッカーを使用しています。この塗装と単板の材との組合せによってトップ板は、歳月をかけて弾き込むほどに音が良くなっていく「エイジング(Aging)」という現象が起きます。単板セダーと単板スプルースをトップ板に採用している理由は、両方ともこの「エイジング(Aging)」が起こる最適な材だからです。

インテグレーテッド・セットネック・システムを採用しているため、ネックとボディ・トップが密着する重要な部分は確かな強度を持っています。このインテグレーテッド・セットネック・システムはネックを安定させ、気候の変化などによるネジレなどのトラブルを減少させる構造でもあります。 アート&ルシアーのギターは、サウンドホールの周りを飾るアーチド・ロゼットも魅力のひとつです。このロゼットにはサウンドホール周辺の強化にも一役買っています。他にもアジャスタブル・トラスロッド、高比率のギアのチューナー、ローズウッド・フィンガーボードとブリッジ、Graphtech社のTusqナット、ブリッジ・サドルを採用しています。

サイズやシェイプの違いによって、幅広い音楽スタイルに対応したラインナップです。フルサイズのドレッドノート、12弦、フォーク・サイズ、カッタウェイ・ボディ、パーラーサイズのAmi、ナイロン弦モデルと、幅広いモデル・ヴァリエーションと美しいカラーリングもアート&ルシアーの魅力です。

factory